若者・女性・シニアまで 長野県での多様な働き方を応援します。

地域人材バンク長野

『ダイバーシティ経営セミナー 2016 in UEDA』 開催レポート

『ダイバーシティ経営セミナー 2016 in UEDA』を開催いたしました。

■開催概要

【イベント名】

『ダイバーシティ経営セミナー 2016 in UEDA』

【開催日時】

2016年8月25日(木)13:30~17:00

【開催場所】

上田信用金庫 しんきんイベントホール

【参加者、参加企業数】

参加者総人数64名 参加企業数44社 報道機関1社

■レポート

本年も『ダイバーシティ経営セミナー 2016 in UEDA』を開催いたしました。

本セミナーは、ダイバーシティ経営(多様な人材の能力を最大限に引き出し、成果に繋げていく組織創り)の基調講演と実践事例(地域企業4社)をご紹介し、実践への第一歩となる場になる事を目的に開催いたしました。

基調講演(株式会社GFN(ジーエフエヌ)代表取締役 五味 由紀子講師)では、経済のグローバル化や少子高齢化が進む中で、地域企業が競争力強化を図るために、多様な人材が活躍できる組織創りが欠かせないこと、若者・女性・シニア・外国人など一人ひとりが能力を発揮することでイノベーション・価値創造に参画していくダイバーシティ経営の推進が求められていることをお話しいただきました。また、これからは「インクルージョン」の概念(人々が対等に関わりあいながら組織に参加し、一体となれること)が重要である事など、参加者からも非常に勉強になったと好評を得た講演内容でした。

基調講演の後は、地域企業4社(株式会社ジェー.ピー.イー 代表取締役 工藤武和氏、有限会社桜井産業 代表取締役社長 櫻井 要人氏、東京精電株式会社 代表取締役社長 辰野 昭司氏、上田信用金庫 総務部 副部長 竹内 豊氏)とファシリテータ内山氏とのインタビュー形式での実例発表がありました。

パネルディスカッションでは、各社実例発表をふまえ、五味講師、株式会社ミマキエンジニアリング 代表取締役会長 池田明氏を加え、人材採用・活用への取り組み、工夫、今後の課題等、参加者からの質疑応答を交え行われました。長野県企業がいかにこの問題に取り組むか、講演、地域企業の実例を挙げた非常に充実したセミナーとなりました。

img_0766

img_0773